スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
英会話の独学にはなくてならない道具!
2007 / 06 / 26 ( Tue )
英語を独学で学習していく上で、どんな参考書よりもためになり、なおかつ重要な本はなんだとおもいますか?

これから英語を勉強していこうと決心し、早速本屋さんに行き、英語関連の本がずら~っと並ぶ本棚の前
で、あなたが最初に手にする本はなんでしょうか?
英会話に関する本でしょうか、文法、読解にかんする参考書ですか、それとも単語・熟語の本ですか?
本屋さんにいけば、何百種類もの英会話や英語に関する書籍がならんでいるはず。どれも目移りしそうで、これから英語をしっかり勉強しようと意気込んでいる人にはどれも魅力的なほんばかりだと思います。

私もこれまで、何十種類もの英語に関する本や雑誌を買って、勉強してきました。それはどれもいろんな切り口で英会話をマスターするための必勝法や習得法について書かれたものばかりです。いろんな方が、その独自のスタイルを伝授し、英語習得を手助けしていることにはかわりありません。

そんないろんな種類の参考書や攻略本を使うのも間違った方法ではないと思います。実際私もこれまでやってきたものの積み重ねが今の力につながっているとおもっています。ただ、私がこれまで英語を勉強して、これは何よりも一番の英語習得のための本だとおもったのは、辞書なんです。
普通の人なら、「え~、辞書は意味を調べるたり確認するための本でしょ?「とか「それは英語を勉強するための参考書ではなくて、単なる辞書でしょ?」っというでしょう!
でもそういった認識は、まずこのブログをよんでいただいているかは、すててください。辞書ほど英語独学に、英会話習得に必要な本だからです。何よりもすばらしい参考書であり、教科書であるからです。

通勤や通学の電車やバスの中で、英字新聞やペーパーバックを読んでいるとき、外国人と話しているときなど、あなたの一番近くにある本が辞書であるのが理想だと思います。どんなときにでも自分が使いやすい辞書を持ち歩いて、わからない単語や言い回しの意味を調べたり、表現の解釈をするとき、辞書はストレートにその問題を解決してくれるます。

私は、車で移動したり、喫茶店でペーパーバックを読んだりするのが好きなので、そんな時にはいつでも英語辞書は持ち運んでます。外国人と話すときや、ドライブをしているとき、彼女とデートしているときでも、辞書はいつでも私の近くにあるのです。
ですから、これから本格的に英語を勉強しようと思っている方はまず先に自分にあった使いやすい辞書を一冊そろえることをおすすめします。できれば英英辞書かな!

ちなみに、私がいま持っている辞書はこれです。
・ロングマンの「AMERICAN DICTIONARY]」(英英辞書)
 longman.jpgこの辞書の中身を参考→http://www.amazon.com/gp/reader/013088
           4502/ref=sib_dp_pt/002-4585538-4506445#reader-link

・大修館書店の「GENIUS」(英日辞書)
・研究社の「ライトハウス英和辞書)
・三省堂の「Daily Concise English Dictionary」(日英ポケット辞書)
   の4冊です。
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

21:56:04 | 英会話 独学術/おすすめ辞書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。